1。LANの展開
     1ー1。データベースとDMS
     1ー2。ホストー端末システム
     1ー3。クライアントーサーバー・システム
     1ー4。イントラネット・システム
 2。LAN(Local Erea Network) の標準化
     2ー1。標準化組織
     2ー2。審議されている内容
     2ー3。通信ケーブル
     2ー4トポロジー
     2ー5。ブロードバンドとベースバンド
     2ー6。発信のタイミング
     2ー7。イーサネット(Ethernet)
     2ー8。トークンリング
     2ー9。FDDI
 3。ハードウェア 
     3ー1。NIC(Network Interfacd Card)
     3ー2。リピータ
     3ー3。ブリッジ
     3ー4。ルータ
     3ー5。ハブ
     3ー6。ゲートウェイ 
 4。バーチャルLAN(Virtual LAN)
     4ー1。ポート・VLAN
     4ー2。レイヤ2・VLAN
     4ー3。レイヤ3・VLAN方式
 5。TCP/IP
     5ー1。TCP/IP 層 と各層で付加されるヘッダ
     5ー2。IP   
     5ー3。IP アドレス
     5ー4。IP プロトコル
     5ー5。TCP と UDP
     5ー6。UDP
     5ー7。TCP
     5ー8。ルーティング
 

   ネットワーク入門 ー1    by H.Y   3月  8 18:55:19 JST 2002

目次
1。LANの展開
1ー1。データベースとDMS
1ー2。ホストー端末システム
1ー3。クライアントーサーバー・システム
1ー4。イントラネット・システム
2。LAN(Local Erea Network) の標準化
2ー1。標準化組織
2ー2。審議されている内容
2ー3。通信ケーブル
1)同軸ケーブル
2)ツイストケーブル
3)光ケーブル
4)無線
5)接続実習
2ー4トポロジー
2ー5。ブロードバンドとベースバンド
2ー6。発信のタイミング
2ー7。イーサネット(Ethernet)
1)フォーマット
2)接続距離
3)接続法
2ー8。トークンリング
2ー9。FDDI
3。ハードウェア
3ー1。NIC(Network Interfacd Card)
3ー2。リピータ
3ー3。ブリッジ
3ー4。ルータ
3ー5。ハブ
1)リピータハブ
2)スタッカブル・ハブ
3)インテリジェント・ハブ
4)スイッチング・ハブ
(1)カット・アンド・スルー方式 / オン・ザ・フライ方式
(2)ストア・アンド・フォワード方式
(3)フラグメント・フリー方式
3ー6。ゲートウェイ
4。バーチャルLAN(Virtual LAN)
4ー1。ポート・VLAN
4ー2。レイヤ2・VLAN
4ー3。レイヤ3・VLAN方式
5。TCP/IP
5ー1。 TCP/IP 層 と各層で付加されるヘッダ
5ー2。IP
1)パケットとフレーム
2)ルーティング
3)コネクション型とコネクションレス型
4)IP の役割
5ー3。IP アドレス
1)2種のアドレス
2)アドレスのクラス
3)プライベートアドレス
4)サブネットマスク
5)ネットワーク・アドレス
6)ブロードキャスト・アドレス
5ー4。IP プロトコル
1) ARP (Address Resolusion Protocol)
2) RARP(Reverse Address Reslution Protocol)
3) ICMP (Internet Control Message Protocol)
4) TTL(Time To Live)
5)IPマルチキャスト
5ー5。TCP と UDP
1) UDP(User DataGram Protocol)
2) TCP(Transmission Control Protocol)
3)ポート番号
5ー6。UDP
5ー7。TCP
1)コネクション管理(バーチャルサーキット)
2)応答確認(Acknowledement) ACK
3)シーケンス番号(Sequence NO.) SEQ
4)ウインドウコントロール
5)流量制御(フローコントロール)
5ー8。ルーティング

=================================================
1。LANの展開
歴史的にLANは「ホストー端末システム」から「クライアントーサーバーシステム」へそして
「イントラネットシステム」へと展開してきた。
1ー1。データベースとDMS
データベースとは、ある目的を持って、整理され蓄積されている大量
のデータの集合。
データベースとDMSとを合わせてデータベースシステムと呼んでいる。
DMS(DataBase Management System)とは、ユーザーの問い合わせに対てデータの操作などの
作業を実行する、データベースとユーザーとの間にある管理ソフトの
こと。
データベースとDMSとを合わせてデータベースシステムと呼んでいる。
1ー2。ホストー端末システム
ホストコンピュータ中心の集中処理システム。
ホストコンピュータはメインフレームを使用し、データベースとDBMSを搭載し、全ての処理を
このホストで行う。端末はCUIで文字中心のインターフェイスである。
コンピュータが出現してから、1980年代まで、これが主流のシステム。
銀行を始め、代企業の期間業務の処理に大活躍をしてきた。
特徴:
システムコストが高い。
端末はCUI。
端末の処理能力は低い。
ホストの負荷が大きい。
集中処理であるので、セキュリティは高い。
1ー3。クライアントーサーバー・システム
LANシステムの低価格化と、ダウンサイジングの波により登場してきた。
DBMSやミドルウェアソフト(ユーザ側のアプリケーションとサーバ側のデータベースを連係させる
ソフト)をクライアント側のパソコンやワークステーションで動作させる。
アプリケーションの処理はクライアントい集中するのでファット・クライアントと呼ばれる。
1ー4。イントラネット・システム
「ウェブサーバ」と「ウェブブラウザ」の登場により、インターネッ
トが爆発的に普及してきた。この2つのキー・テクノロジーを企業の
情報システムに取り入れたシステムは、「イントラネット(intranet)」
と呼ばれるようになった。
構成: 3層(3 Tier)システム
(1)ウェブブラウザを搭載したクライアント
(2)ウェブサーバ
(3)データベース・サーバ

-----------------------------------
クライアント Webブラウザ + 周辺機器
-----------------------------------
| LAN
| HTTP 通信
------------------------------------
Web-Server(HTTP Server) + Apprication
Wev サーバ ------------------------------------
Web GateWay
------------------------------------
Database Management System
-----------------------------------
| データ通信
|
------------------------------------
データベース DataBase
------------------------------------

アプリケーションの処理は基本的にはウェブサーバだけに集中するので、
クライアントの負荷は少ない。シン・クライアントと呼ばれる。
2。LAN(Local Erea Network) の標準化
2ー1。標準化組織
ISO(International Standard Organization) 国際標準化機 構
IEC(Internatioan Electric Comittee) 交際電気標準会議
JTC1(Joint Technical Comittee) 合同技術委員会
|
ANSI(American National Standard Institute)アメリカ規格協会
|
-------------------------------
| |
IEEE NCITS
IEEE802 NCITS T
| |
----------------------- -------------------------
| | | | |
802.1 802.2 802.3 NCITS T11 NCITS T12
HILI LLC CSMACD/CD | |
---------- -----------
| | | |
HIPPI Fiber FDDI FFOL
Channel

2ー2。審議されている内容
[参照]
network-standard-1 :ISO参照モデルと、規格の相対について詳しく表さしている。
1)アドレスからみた各層
(1)第1層(物理層) アドレスはない
(2)第2層(データリンク層) MAC アドレス
(3)第3層(ネットワーク層) IP アドレス
(4)第4層(トランスポート層) ポート番号
2ー3。通信ケーブル
1)同軸ケーブル
2)ツイストケーブル
3)光ケーブル
4)無線
5)接続実習
ツイストケーブルの作り方の実習を行う
(1)ケーブル切断
(2)コネクタに芯線を挿入
(3)工具で圧接する。
(4)もう1端にもコネクタを同じく接続する。
(5)テスターで接続のテストをする。
-----------------------------------
ストレートケーブル接続表
色 端子番号 端子番号
白/燈 1 ------ 1
燈 2 ------ 2
白/緑 3 ------ 3
青 4 ------ 4
白/青 5 ------ 5
緑 6 ------ 6
白/茶 7 ------ 7
茶 8 ------ 8
-----------------------------------
クロスケーブル接続表
端子番号 端子番号
* 1 ------ 3 *
* 2 ------ 6 *
* 3 ------ 1 *
4 ------ 4
5 ------ 5
* 6 ------ 2 *
7 ------ 7
8 ------ 8
------------------------------------
端子番号と色
1 白/燈
2 燈
3 白/緑
4 青
5 白/青
6 緑
7 白/茶
8 茶
-----------------------------------
端子番号とツイストペア
1 - 2
3 - 6
4 - 5
7 - 8

[参照]
テキスト : 2ー10
network-standard-1 : 2/5
network-cable-1
2ー4トポロジー
1)スター型
2)バス型
3)トークンリング型
[参照]
テキスト : 2ー14
2ー5。ブロードバンドとベースバンド
[参照]
テキスト : 2-18
network-modulation-1
2ー6。発信のタイミング
1)トークンパッシング
衝突がない。
トークンバス型
トークンリング型
2)CSMA/CD (Carrier Sense Multiple Access with Collision Detection)
[参照]
テキスト : 2-19
network-line-1
2ー7。イーサネット(Ethernet)
1)フォーマット
[参照]
テキスト :2ー27
network-format-1 :P50
2)接続距離
[参照]
テキスト :2-28
3)接続法
(1)同軸ケーブル
(2)より対線ケーブル
(3)光ケーブル
(4)無線
[参照]
テキスト :2-28
network-calbe-1
network-calbe-2
2ー8。トークンリング
[参照]
テキスト :2-33
2ー9。FDDI
[参照]
テキスト :2-35
3。ハードウェア
3ー1。NIC(Network Interfacd Card)
[参照]
テキスト :3-2
3ー2。リピータ
物理層(第1層)で動作する。
下記の機能を持つ。
(1)信号の増幅
(2)波形の整形
スター型トポロジーでは、複数のポートを持つ「リピーターハブ」が用いられる。
参考
テキスト :3-4
3ー3。ブリッジ
データリンク層(第2層)で動作する。
次の機能を持つ。
(1)パケットを一度内部に取り込む。電気的に分離される。
(2)互いのポートがパケットの衝突の検出範囲外となる。
(3)速度の違うポート同士を接続できる。
(4)不要なパケットは送信しない。
  ブリッジでは、受信したパケットの宛先とMACアドレス が登録されたアドレステーブルとを
照らし合わせ、該当する端末が存在しているポートにパケットを中継する。受信したポートと
同じポートに宛先の端末があればパケットを破棄するので、ブリッジを超えたセグメントに
不要なパケットは中継されない。ただ、アドレステーブルに存在しない送信先を持つパケット
が来た場合は、受信ポート以外の全ポートにブロードキャストされてしまう。

実際には、マルチポートのブリッジとしてスイッチングハブが用いられる。
[参照]
テキスト :3-5
3ー4。ルータ
ネットワーク層(第3層)で動作する。
指定された「アドレス」と「プロトコル」をもつパケットのみを、指定した相手に送信する。
「ブロードキャストパケット」や「宛先不明のパケット」は送信しない。
ルータがサポートしていないプロトコルのパケットは送信しない。
1)フィルタリング機能
(1)IPアドレスによるフィルタリング。
(2)ポート番号によるフィルタリング
同一アドレスのホストでも、ポート番号でフィルタリングして通さない。
例えば、telnet のポート 23 のみをフィルタリングすることができる。
(3)ルーティング機能
ルーティングテーブルとIPアドレスによりパケットの宛先を制御する。
[参照]
テキスト :3ー7
network-router-1
3ー5。ハブ
スイッチング・ハブを除いて、物理層(第1層)で動作する。
[参照]
テキスト :3-11 から
1)リピータハブ
接続ポートを複数個持っている、リピータのこと。
接続段数は4段までである。

2)スタッカブル・ハブ
接続ポートを増設するために、ハブを縦(回路的には並列)に接続 きるハブ。
3)インテリジェント・ハブ
LANで接続された装置から管理出来る機能を搭載したハブ
4)スイッチング・ハブ
データリンク層(第2層)で動作する。
ブリッジと同じく、MACアドレスでパケットを送信するので、パケットの衝突がない。
同一スイッチング・ハブ内のポートを利用して、複数の回線の通信が可能になる。
例えば
Port1 <-----> Port8
Port2 <-----> Port3
Port3 <-----> Port6
Port4 <-----> Port5
内部構成で次の3種がある。
(1)カット・アンド・スルー方式 / オン・ザ・フライ方式
受信パケットの先頭6オクテットにある、宛先MACアドレスのみを参照し、内部の
MACアドレステーブルと比較してから、パケットを転送する。
[特徴]
遅延時間が非常に短い。
エラーパケットもそのまま送出される。
通信速度の異る同士は通信できない。
フレーム形式の異るLAN間の接続はできない。
(2)ストア・アンド・フォワード方式
受信パケットを全て一度内部バッファにストアし、パケットのエラー検査後に転送する。
[特徴]
遅延時間が大きくなる。
エラーパケットは送出されない。
通信速度の異る同士も通信できる。
フレーム形式の異るLAN間の接続もできる。
(3)フラグメント・フリー方式
カット・アンド・スルー方式を改良したもので、パケットの先頭から64オクテットの
データのエラー検査を行って、パケットの転送をおこなう。
[特徴]
遅延時間が(2)よりも短い。
ショートパケットのエラーパケットは送出されない。
通信速度の異る同士は通信できない。
フレーム形式の異るLAN間の接続はできない。
3ー6。ゲートウェイ
全ての階層で動作し、次の機能と提供する。。
(1)プロトコルの変換
(2)データ形式の変換
例)
(1)ホストゲートウェイ
(2)メールゲートウェイ
[参照]
テキスト :3-13

4。バーチャルLAN(Virtual LAN)
物理的なネットワーク構成に制限されないで、ネットワーク構成の追加や削除が柔軟な
論理的なネットワーク構成機能のこと。
4ー1。ポート・VLAN
スイッチング・ハブの物理ポートの単位でグルーピングする方式。
VLAN対応のスイッチング・ハブで可能。
スイッチング・ハブ間でVLAN情報の交換を行って、複数のハブでもVLANが構成出来る。
------------------------------------
| MAC ヘッダ | VLAN 情報 | データ |
------------------------------------
4ー2。レイヤ2・VLAN
スイッチング・ハブに接続されている端末が持つMACアドレスの単位でグルーピングする方式。
4ー3。レイヤ3・VLAN方式
IP アドレスや IPX アドレス単位でグルーピングする方式。
この機能を持つスイッチング・ハブはレイヤ3もサポートし、ルータとしての機能もを持って
いる。

5。TCP/IP
TCP/IP とは Transmission Control Protocol / Internet Protocol の略。
TCP は OSI 参照モデルのトランスポート層(第4層)、IP は ネットワーク層(第3層)に相当する。
しかし、一般的に TCP/IP を基本とした通信方式全般(第7層も含む)をさす場合が多い。
[参照]
netowrok-protocol-1

5ー1。 TCP/IP 層 と各層で付加されるヘッダ
---------------------------------------------------------------------------
アプリケーション層 PC A から PC B へ データを送る
---------------------------------------------------------------------------
TCP 通信ソフトを特定するポート番号や、パケット順序制御等を
(トランスポート層) 行うヘッダを付加する。
---------------------------------------------------------------------------
IP PC W を特定する IPアドレス等を含むIPヘッダを付加する。
インターネット層 (IP パケット)
---------------------------------------------------------------------------
Ehternet MACアドレスを含むEthernetヘッダを付加する。
インターフェイス層 また、フレーム全体をチェックするFCSを付加する。
MACフレーム
---------------------------------------------------------------------------
[参照]
テキスト : 4-11
network-format-1
5ー2。IP
現状は IPV4 で将来は IPV6 へ移行する。
1)パケットとフレーム
データリンク層ではデータの単位を「フレーム」と呼ぶ。
ネーとワーク層ではデータの単位を「パケット」または「データグラム」と呼ぶ。
TCP/IP では パケットまたはデータグラムと呼ぶ。
2)ルーティング
宛先IPアドレスを持つ相手先に、データリンク層の転送機能を利して、パケットを送信する
道筋(ルート)をつけること。

3)コネクション型とコネクションレス型
ネットワーク層のサービスとして、コネクション型とコネクションレス型がある。
(1)コネクション型
データを送信する場合、送信端末と受信端末の間に、論理的な通信路(コネクション)を
設定する。データは必ずこのコネクションの上を流れるので、確実に相手先に届く。
相手先からはデータ受信の確認がえられる。
(2)コネクションレス型
コネクションの確立や開放がなく、データ受信の確認がない。
コネクション確立の必要がないので、短いメッセージの送受信に適している。
データの信頼性はない。
IP はコネクションレス型のプロトコルである。
4)IP の役割
現在の物理回線の品質はかなり良く信頼性がかなり良く、コネクションレスでも相手に
届く確立はかなり高い。
IP は、データを相手先に送るための最大限の努力をし、実際にとどいたかは上の
プロトコルにまかせる。
5ー3。IP アドレス
IPV4 では 32ビットで構成される。
1)2種のアドレス
(1)ネットワークアドレス
ネットワークを識別するアドレス。
(2)ホストアドレス
ネットワークに接続されたホストのアドレス。
2)アドレスのクラス
(1)クラス A : 最上位ビット が 0 0.*.*.* - 127.*.*.*
(2)クラス B : 最上位2ビットが 10 128.*.*.* - 191.*.*.*
(3)クラス C : 最上位3ビットが 110 192.*.*.* - 239.*.*.*
(4)クラス D : 最上位4ビットが 1110 224.*.*.* - 239.*.*.*
(5)クラス E : 最上位4ビットが 1111 240.*.*.* - 255.*.*.*
3)プライベートアドレス
(1)クラス A : 10.0.0.0 - 10.255.255.255
(2)クラス B : 172.16.0.0 - 172.31.255.255
(3)クラス C : 192.168.0.0 - 192.168.255.255
プライベートアドレスは外部に出て行かない。
4)サブネットマスク
クラスをさらに細かいネットワークに分けるために用いる。

サブネットマススク : 255.255.255.240 (FF.FF.FF.F0)
このようにマスキングするとクラス C の中に ホストが16の小さいネットワークを
作成できる。
このネットワーク内のホストのアドレスは例えば
192.168.0.0 - 192.168.0.15 までの 16 アドレスとなる。
すなわち、上位 28 ビットはネットワークアドレスとなる。
サブネットマスクのビット1 の位置が、ネットワークアドレスのビット位置を示す。
5)ネットワーク・アドレス
ネットマスクしたビット以外のビットを全て 0 にしたあどれす。
例)
ネットマスクが : 255.255.255.0
ネットワークアドレス : 192.168.1.0
6)ブロードキャスト・アドレス
(1)ローカルブロードキャストアドレス
自分のネットワークの、ネットワークアドレス以外のホストアドレスビットをすべて
ビット1 にしたアドレス。、
このアドレスに送信すると、ネットワーク内の全てのホストに送信できる。
このブロードキャストパケットは、他のネットワークには送信されない。
(2)ダイレクトブロードキャストアドレス
他のネットワークのブロードキャストアドレスに送信する場合。
例)
192.168.0.1 のホストが 192.168.10.0 のネットワークにブロードキャストする。
この場合は 192.168.10.255 へ送信する。
[参照]
テキスト :4-15, 4-16, 4-21
7)ローカル・ループバック・アドレス(local loopback address)
OS 内でTPC/IPによる通信に利用されるアドレス。
アドレス : 127.0.0.1
ホスト名 : localhost
ドメイン名 : localdomain
がわりあてられる。
このアドレスに送信すると、送信元である自分が受信することになる。
自分を指し示す IP アドレスと解釈される。

5ー4。IP プロトコル
1) ARP (Address Resolusion Protocol)
IP アドレスから MAC アドレスを知るためのプロトコル。
ARP には 「ARP リクエスト」と「ARP レスポンス」がある。
(1)MACアドレスを知りたいホストは、相手先のIPアドレスをARPパケッににのせて
ブロードキャストする。、
(2)ARPリクエストを受信した相手先は ARPレスポンスを送信元にかして、MAC アドレスを
教える。
2) RARP(Reverse Address Reslution Protocol)
ハードウェアアドレスから IPアドレスを知りたい時に用いる。
デスクレスPC等のホストが、自分の IPアドレスを知りたいときに使う。
RARPを用いるときは、必ず RARPサーバが必要になる。
3) ICMP (Internet Control Message Protocol)
情報通知、診断を行うプロトコル。
IP はコネクションレスであるので、ノードの異常でパケットが到達しない場合がある。
このような時に状況の通知を送信元に通知する必要がある。このような通知は ICMP で
おこなう。また送信前にノードが存在するかどうかの診断も ICMPで行う。
ICMP の主な種類は次の通り。
(1) ICMP Destination Unreachable Message(Type 3)
到達しない理由
Code 0 Network Unreachable
Code 1 Host Unreachable
Code 2 Protocol Unreachable
Code 3 Port Unreachable
---------
(2) ICMP Redirect Message(Type 5)
IP ルータが、送信元が最適でない経路を使用しているの検出したときに、そのノードに
対して送信する。
(3) ICMP Time Exceeted Message(Type 11)
TTL がオーバーしたときに、IP ルータが送信もとに送信する。
(4) ICMP Timestamp Message(Type 13,14)
送信元が相手先の現在時刻を知りたい時に送信する。
相手先は ICMP Timestamp Replay Message を返信する。
このメッセージの中には
送信元の Original Timestamp
相手先の Recieve Timestamp
相手先の Transmit Timestamp
が入っている。この内容からネットワークの通過時間を計算できる。
(5) ICMP Address Mask Message(Type 17,18)
自マシンのサブネットマスクを知るために送信する。
回答は、ICMP Address Mask Reply。
(6) ICMP Echo Message(Type 0)
相手先ノードや IPルータ等に対して ICMP Echo Request Message を送信して、
到達可能かどうかをしるために使用する。
相手先からは、 ICMP Echo Replay Message が返信されえば、到達可能とみなす。
ping コマンドはこのプロトコルを使用している。
4) TTL(Time To Live)
データグラムがインターネット内を永遠にループするのを防ぐ目的で、データグラムはその
生存時間(TTL)を持っている。TTL の値はルータを1箇所通過する毎に 1 減算される。
この値が 0 になると、このデータグラムは IPルータによって破棄される。
5)IPマルチキャスト
ネットワーク内の、特定の複数ノードへ、同一データを同時に送信する方法。
マルチキャストアドレスを用いて送信する。
IP・マルチキャスト・アドレスは 224.0.0.0 - 239.255.255.255までが用意されている。
この内、244.0.0.0 - 244.0.0.255 はルーティングされない。つまり、ホップ数 1 以上に
送信する必要が無い場合に用いる。これ以外のアドレスはルーティングされて、全ネット
ワークへ送信される。
また全てのホストは、244.0.0.1 のグループに属する必要がある。
また全てのルータは 244.0.0.2 のグループに属する必要がある。
5ー5。TCP と UDP
1) UDP(User DataGram Protocol)
UDP は相手先の特定と、受渡し確認のみを行う。受渡し内容の確認は行わない。
このような通信をコネクションレス型と呼ぶ。
処理時間が短い。
2) TCP(Transmission Control Protocol)
TCP は相手先確認、流量制御(flow control)、転送順序確認などの機能をもつ。
信頼性の高い通信でコネクション型と呼ぶ。
、 処理時間は長くなる。
3)ポート番号
TCP と UDP にはポート番号が使用される。このポート番号はアプリケーションに対応して、
決められている。
複数のユーザが1台の機器を使用している場合に、ユーザやアプリケーションソフトを
区別するために、ポート番号を用いる。
例1)ソフトの区別
ftp のポート番号は 21
telnet のポート番号は 23
例2)ユーザの区別
発信元が同一のPCから2のユーザが、別の同一のPCに接続する場合
ユーザ A の ftp 接続先ポート番号 21 発信元ポート番号 2000
ユーザ B の ftp 接続先ポート番号 21 発信元ポート番号 3000
[参照] network-port-1
5ー6。UDP
UDP メッセージフォーマットは network-format-1 を参照。
送信もとポート番号は無くてもよい。その場合は 0 にセットする。
これは、返信を必要としないときに用いる。
[参照] network-format-1 p115
5ー7。TCP
1)コネクション管理(バーチャルサーキット)
通信に先だって、送信元と相手先の間に仮想的なサーキットを確立する。
一度このサーキットが確立されると、アプリケーションはこの通信路に情報を送受信
するだけで、情報伝達の保証を得ることが出来る。アプリケーションは、TCP/IP通信規約
に考慮せずに、転送が可能になる。
具体的には、TCPヘッダの制御用ビットやフィールドを利用して、
接続要求、 接続確認, 切断要求, 応答確認 等の処理をおこなう.
2)応答確認(Acknowledement) ACK
送信されたデータが受信側に到達した場合に,到達したことを送信側にしらせること.
送信元は,この応答確認が帰ってこない場合は,データを再送する.
3)シーケンス番号(Sequence NO.) SEQ
送信元が ACK が帰ってこないので,データを再送した場合,この再送したデータに
対しても ACK が帰ってくる.そこで シーケンス番号を付けて,区別する仕組みが必要に
なる.
送信元 ---- Data_1 ---------> 受信先
ACK_1 ---
/
再送 ---Data_2 / -------->
/
<-------/
<--------- ACK_2 ----

送信元では ACK_1 と ACK_2 を区別できる.
4)ウインドウコントロール
1個のパケットに1個のバッファーを割り当てて,複数のバッフを同時に使用する
通信方法.1つのパケットに ACK が帰ってくるまで次のパケットの送信を待つ必要がない.
一般的には,ウインドウサイズは,同時に処理出来るバッファーの数。
TCP では,ウインドウサイズはバッファーの残量。
5)流量制御(フローコントロール)
受信側の処理能力により,受信するパケットのサイズが制限される場合に,前持って
送信側に,受信限界をしらせる.送信側は受け取った ACK の SEQ番号とウインドウサイズ
をもとに,相手の状態を想定して,処理速度を変更する。

5ー8。ルーティング
ネットワークにおける経路制御をルーティングという。パケットを目的のホストに届ける
ための経路を指定する機能。ルータが経路を決定するには、ルーティングテーブルを参照して
行う。ルーティング情報の登録にはスタティックルーティングとダイナミックルティングが
ある。
1)スタティック・ルーティング
ルーティングテーブルへの登録を管理者がコマンドにより行う。管理者が変更しない限り、
この情報はそのままである。
2)ダイナミック・ルーティング
ルータが持っている情報を隣接するルータ間で交換し、ルーティングテーブルを常に
更新する。 これによりルータは常に最新の正しい情報をもつことが出来る。
ルーティング情報の交換には、 RIP や OSPF などのプロトコルを用いる。
3) RIP (Routing Information Protocol)
RIP は現在の経路制御情報を定期的にネットワーク上にブロードキャストしている。
RIP 使用時の経路の選択基準はホップ数(ルータを経由する数)になり、ホップカウントが
16 になると、経路情報は見えない。ルーティング情報の送信間隔は30 秒周期である。
RIP はディスタンスベクター型のルーティングプロトコルである。
改良型にRIP2 がある。
4) OSPF (Open Shotest Path First)
RIPの欠点を改良するために考えられたプロトコル。リンクステート型のプロトコル。
サブネットマスクをサポートしている。
また、トラフィックを軽減するためエリアの概念が採り入れられた。